FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2011/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【長文】消したくない記憶。
milch_last.jpg

↑みるっひが逃げる前、最後の写真です。




全てをお話しします。




隣に住んでいる住人が、「インコの鳴き声がうるさい」と言って、
管理人さんを通じて、文書でいちゃもんを付けてきました。
「インコをベランダで放し飼いにしているから、鳩が二羽来て、
インコの餌を食べている」だとか、「ベランダで野菜を育てているから、
蚊に刺された」だとか……。

隣は、つい最近引っ越してきたばかりな上、少々おかしなことを、
引っ越してきた時にも、言ってきたことがあったので、
私は、「物を知らない、暇な人なんだな」と思っていました。
実際、家にこもっていて、買い物の時くらいしか外に出ないことを、
私は知っていたので、「下らない人が引っ越してきた揉んだ」と、
思っていたのです。

でも、普通考えたら分かりません?
仮にも鳥なのに、「ベランダで放し飼い」するでしょうか?
家の中では、ほぼ放し飼いではありましたが、ベランダですよ?
普通、放したら、飛んで行かないですか?

野菜の栽培に関しても、毎年していることな上に、
蚊がわかないように、水を溜めることは一切していません。
私たち家族が、一度も蚊に刺されたことがなかったのに、
何で隣の住人が、「うちの蚊に刺された」ことが分かるんでしょうか?

……この、みるっひの写真を撮った時、母は「童謡のように、
裏の山に捨てなきゃならないんだろうか」と、言っていました。
「でもね、みる。もし捨てたとしたら、お母さん一生後悔するんだよ?」と。
みるっひはただ、眠そうにして、母の顎の下でふくふくしていました。

そして、8月12日が来たんです。

みるっひは、逃げていきました。
父も母も、「いい人が見つけてくれて、飼ってくれているよ」と言いました。
でも私には、「都合のいい言い訳」「都合のいいすり替え」にしか、
聞こえませんでした。
今も、「みるっひが帰ってきたら、どうしたい、こうしたい」と、
考えるくらいに、周りの言うことは「都合良く」聞こえます。




こう考えてはいけないと思いますが、「隣がいなければ」と、憎みます。
あんな風に、みるっひを……家族を失うなら、憎んでも仕方ないでしょう?
顔を見るどころか、姿を見るのも嫌です。
姿を見た瞬間、蹴り飛ばしたくなるのを、必死に我慢します。
そのくらい、憎いです。




みるっひのいなくなった跡の、悲しいこと。
籠は、悲しくて悲しくて、2週間くらいで片付けました。
そして昨日、ぽっかり空いたスペースが悲しくて、虚しくて、片付けました。



……母は、もう飼わないと言っています。
私にとっては、20年来の「家族」だった、「セキセイインコ」という存在。
忘れられるはずが、ないです。
ちっちゃな頭。
ふわふわの身体。
身体からする、餌の香り。
鳴き声。

愛しい愛しい存在。






引き裂かれる思いです。
スポンサーサイト

テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

プロフィール

インコバカ。

Author:インコバカ。
since:2010.01.19

物心ついた頃から、ずっとセキセイインコと暮らしてきた、インコバカのインコバカによる、インコバカのための自己満足ブログ。

「インコ愛」故に「インコバカ」。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。